新入社員から見たブランディングテクノロジー

ブランディングテクノロジーに興味を持ったきっかけを教えてください。

K.M:広告代理店を志望していて、リクナビから応募したのがきっかけです。軽い気持ちで説明会に参加したんですが、会社の成長意欲だったり、取締役の伊藤さんの人柄に惹かれました。

T.A:あ、私も伊藤さんの人間性に惹かれました!ブランディングテクノロジーで働いている人たちって、なんか輝いているから、「どんな会社なんだろう」って思いましたね。

S.Y:確かに、それは私も思いました。私の場合、「将来、ライターになりたい」という夢がきっかけ。他の会社の面接では、自分の目標や夢を話しても否定されてばかりでしたが、ブランディングテクノロジーは違いました。自由な発想を持っている会社だな~という印象です。

K.M:実は僕も最初はライター志望で、大学在学中にコピーライター講座を受講したこともあったのですが、「自分には向いてない」と気づいて、営業に方向転換しました(笑)。

H.O:そうだったんですか?(笑)。僕は説明会の参加がきっかけでした。僕も広告業界に興味があり、「どんな会社なのかな?」と思って。社長の考え方が心に響いた記憶がありますね。

T.A:私も同じく説明会に参加したのがきっかけでした。風通しのよい社風や「共存共栄の精神で世の中に新たな価値と笑顔を創出します」という企業理念に共感し、興味を持ちました。社長の木村さんが熱く語っていたのが印象に残っています。

H.M:私はモノが売れる仕組みにおもしろさを感じて、広告業界を目指していました。マーケットの中でも成長市場であるweb広告の世界で働きたいと思い、ブランディングテクノロジーと出会いました。「人生でなにがしたい?」という面接時の質問が特に衝撃でした。

ブランディングテクノロジーを選んだ決め手を教えてください。

T.A:私の決め手は「人のよさ」! フランクな社風と人のよさに惹かれました。面接のときも距離感が近く、とても話しやすかったのが印象的ですね。

S.Y:あ~わかります。私も面接での印象が大きいですね。社員が想い描く将来像をしっかり受け止めて、キャリア育成を考えている会社だなと、面接時に感じたのが決め手です。

H.M:わたしも、「自分の人生の夢を聞いてくれる会社はない!」と、感激したのが決め手でした。会社の枠だけではなく、自分の人生の展望にも向き合ってくれる会社なんだと感じ、ここで働くことを決めました。

H.O:僕は、最初に内定をもらったのがブランディングテクノロジーでした。就職活動を短期で終わらせたいと思っていたので、縁を感じたというのもあります。成長スピードが早いベンチャーなら、同年代よりも経験や実績において差をつけられそうだと感じたのが決め手です。

K.M:そうそう。僕は、将来、会社を起こすために経営を学びたいと思っていたので、ブランディングテクノロジーの早い成長スピードとベンチャーマインドとにとても共感しました。ここで働けば自分の夢がさらに明確になりそうだと感じて、入社を決意しました。

新入社員から見たブランディングテクノロジー
エントリー&会社説明会
ご予約はこちら
  • リクナビ
  • パッションナビ
エントリーはこちら