仕事と人

法務

常にチャレンジし続ける気持ちを忘れない

日高 康輝

日高 康輝

マネージャー

BEFORE

上場準備と経理財務の両立はとても大きな経験になりました

前職は?

前々職では監査法人、監査業務に携わっていましたが、公認会計士試験に合格すると監査法人に就職することに違和感があり、事業会社に飛び込んでみたいという思いが強くなり、思い切って上場を目指している美容院の会社に入りました。そこでは、入社してまもなく経理部長が退職してしまったので、経理財務業務全般をこなさなければならないうえ、同時に上場準備もこなさなければならなくなり大変でした。

海外にも子会社があるフリーセルなら、もっと活躍の場が広がると思いました

フリーセルに入社した理由は?

前職では決算修正までやり遂げましたが、新しい部長が入られたことをきっかけに、自分がやってみたいと思っていたことにチャレンジできる場が減ってしまったのです。監査法人を思い切って辞めた自分にとって、新しい業務にどんどんチャレンジできない環境は非常につらいことでした。そんなとき、フリーセルの経営企画の求人情報を見て、フリーセルなら、前職では経験できなかった連結会計や子会社管理等の経験を積めますし、予算策定や株主総会対応等、今まで経験していない業務が盛りだくさんで、活躍できる場がもっと広がるんじゃないかと思いました。ホームページを見てみて、やる気のある社員がとても多そうだと感じたのもポイントの一つでしたね。

AFTER

経企業務に留まらず、ベンチャー支援事業という貴重な場を提供してくれた

フリーセルで実感できた変化は?

かねてよりコンサルティングにも興味があり、ベンチャー支援事業に携わりたいと思うようになりました。お客様に経営コンサルティングを提供するため、入社して厳しい指導もありましたが、上司にも仲間にも恵まれて、この1年間でとても成長できたと思っています。内部の業務を行いながら、ベンチャー支援事業をこなすのは大変なことでしたが、こんなことを経験できるのはフリーセルだけだと思います。

粘り強い対応をお客様に評価していただけることが最大の喜び

具体的なエピソードを教えて!

メインとしてはIPO(上場事業)のコンサルティングを1件ほど任されておりまして、そこでは棚卸の仕組み構築や、月次決算体制の整備、上場準備資料の作成支援を継続的に行っております。あとはスポットで資金調達支援や、事業計画作成、株価算定書作成、決算修正作業支援を行いました。お客様に何度もヒアリングして、粘り強くやってきたことをお客様に評価、感謝していただけることが大きな喜びになっています。

JOIN US

親会社と子会社の連結会計実務が身につくのは大きなメリット

フリーセルの経理になったら何が身につく?

フリーセルは海外も含めて子会社が3つあるので、中小規模の会社の税務申告から年次決算まで経理全般業務を主体となって取り組む環境が整っており、経理業務全般のスキルを一通り身につけることができると思います。グループ全体の観点ですと、連結会計の実務も勉強できますね。非上場会社で海外子会社を含めた連結会計が学べるのはとても珍しいことなので、経理としてはとてもいい経験になるのではないでしょうか。

フリーセルは上場企業が適用している企業会計基準に準拠して会計処理を行っているので、最新の会計基準をキャッチアップし、会計知識を得ることも可能です。月次決算では、連結ベースで財務三表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)を作成しているので、その作成実務も学べます。

失敗を恐れず何事にもどんどんチャレンジしたい人、勉強への意欲がある人

どんな人と一緒に働きたい?

僕自身もどんどんチャレンジしていきたいと思っているタイプなので、失敗を恐れない向上心の強い人と一緒に働きたいですね。基本的な簿記の知識を持っていれば、あとは実務を積んでいくことで、学べることはたくさんあります。部署内も勉強熱心な人が多いので、日々お互いに刺激を受けながら業務にあたっていますよ。仕事終わりには、よく仲間で飲みに行ったりもして、悩みを聞いたり、今後のことを話し合ったりしてますね。年齢が近い人が多いので、仕事外ではざっくばらんな感じです。

FUTURE

与えられた業務はもちろんのこと部下をしっかりサポートできる人になりたい

今、大きな転換期ということもあって経理と経営企画の業務の両方に携わっていますが、それに加え、部下のマネジメントも任されるようになりました。まずはしっかり両立できるようにやっていきたいですね。

フリーセルの仕事