仕事と人

仕事と人の一覧へ

フリーセル出身の経営者へインタビュー

フリーセルには、卒業後にグループ内外で経営者として活躍されている先輩社員がたくさんいます。フリーセルでどんな力をつけて、どのように今に活きているのかを聞いてみました。

  • 責任ある仕事を任せてもらえると聞き、若い時期に多くのことを経験したかった。

    FREESALE VIETNAM CO., LTD.社長小川 悟

    小川 悟

    2002年 7月
    株式会社フリーセル 入社
    2005年 10月
    CS部部長となる
    2010年 4月
    執行役員CS本部長就任
    2011年 3月
    取締役CS本部長就任
    2012年 6月
    フリーセルベトナム代表取締役社長に就任、現在に至る

    インタビュー内容を詳しく見る

    Q1.現在のお仕事を教えてください。
    フリーセルの子会社であるフリーセルベトナムで社長を務めています。代表として経営に注力しつつも、現場の生産管理なども担い、幅広い意味で現地スタッフをまとめ上げています。
    Q2.フリーセルに入社した理由は何ですか?
    当時、スキルも経験も中途半端な自分に嫌気がさしていたんです(笑) 責任ある仕事を任せてもらえると聞き、若い時期に多くのことを経験、吸収して今以上の自分になれると思って入社しました。
    Q3.フリーセル在籍時のお仕事を教えてください。
    創業期に近い頃に入社して、現在のCS部門の立ち上げを行いました。入社当時は「歯科タウン」の運営業務を、そのうちWebサイト制作や広報業務などに手を広げ、2006年頃にはベトナムオフショアの発注部門責任者を譲り受けました。CS本部長となった頃にはメンバーも90名近くに。幹部スタッフとともに試行錯誤しながらサービス向上のための取り組みを続けていました。協力してくれた多くの方にはいつも感謝しています。
    Q4.フリーセルでどのような力がつきましたか?
    事業を運営していくトータルな力でしょうか。私たちの仕事は一人で何もかもを行うのは難しく、社内外の多くの協力があって初めてご提供できるサービス。段取りやコミュニケーションはもちろん、知識や管理能力が問われる場面も多くありました。フリーセルが掲げる「ベンチャースピリット(自責・自律・自由)」からブレずにいたことで、お客様満足というゴールを目指して日々挑戦し、成長できたんだと思います。
    Q5.今後のビジョンは?
    フリーセルグループの長期経営ビジョン「日本とアジアの発展に貢献するマーケティングソリューションカンパニー」の達成に貢献することです。我々はグループ初の海外拠点ですから、グローバル展開上の生産拠点としてしっかり機能させることが急務と考えています。海外での事業運営は課題も多く、さまざまな苦労がつきものですが、フリーセルでの経験やベンチャースピリットを糧に、もっとエキサイティングな挑戦をしていきたいですね。
    Q6.フリーセルを検討されている方へのメッセージをお願いします。
    フリーセルには、刺激的で優秀なスタッフがたくさんいます。それはCS本部長を務めていた身として太鼓判を押せます(笑) ただ、「お客様の想いに応える」という点ではまだできることがたくさんあるはず。それが入社される方の強い信念とシンクロすれば、自分と会社をもっともっと面白くできると思います。トップセールス部門を率いたいのか、大人数をマネジメントしたいのか、新規事業の責任者になりたいのか、海外に出たいのか、満足度評価の高い会社にしたいのか、独立したいのか……フリーセルはそんないろいろな「想い」を尊重して後押ししてくれる会社ですから、ぜひ挑戦しに来てほしいですね。

    閉じる

  • 見についたのは「営業力」と「根気力」自分の可能性を引き出してくれた会社です。

    office dent代表千葉 カナコ

    千葉 カナコ

    2006年 9月
    株式会社フリーセル 入社
    2008年 4月
    関西歯科営業課 課長就任
    2009年 5月
    株式会社フリーセル 退社
    2009年 6月
    Be:superior(現office dent) 設立、現在に至る

    インタビュー内容を詳しく見る

    Q1.現在のお仕事を教えてください。
    office dentは、歯科医院専門でスタッフコンサルティングやマニュアル作成といった院内改善支援、Webサイト管理などを行っています。今は育児休暇中ですか、Webサイト管理は継続中です。
    Q2.フリーセルに入社した理由は何ですか?
    当初の求人媒体で「誰でもできる! 稼げる!」というキャッチコピーを見て、「それなら稼がせてもらおうじゃないの!」と応募しました(笑) そして面接で木村常務(現社長)にお会いしたら「是非に!」と言ってもらえて。自分のエネルギーで力になれたら、という思いもあって入社しました。
    Q3.フリーセル在籍時のお仕事を教えてください。
    大阪営業所の立ち上がりと同時に入社して、営業をやっていました。当初は全員同じ「営業チーム」でしたが、半年後には「歯科チーム」が結成されて主任になり、1年半後には新設の「関西歯科営業課」で課長を任されました。入社から退社まで変化に溢れていて、そのたびに試行錯誤の日々でしたが、ポジティブでエネルギッシュな自分らしさを活かしながら働けていたと思います。
    Q4.フリーセルでどのような力がつきましたか?
    「営業力」と「根気力」! 独り立ちしても活き続ける、本質的な力が育つ環境だったと思います。私の場合は男性社員に負けたくないという気持ちもあって、日々の営業にもより熱が入りました。結果を出せばきちんと評価してもらえて、お給料にも反映されるところが好きでしたね。
    Q5.今後のビジョンは?
    仕事と育児を両立させながら事業を拡大させて、女性が活き活きと働ける機会を増やしていきたいと考えています。フリーセルでの歯科医院向け営業の経験を通して、院長先生や現場のスタッフが抱えているいろいろな課題を見てきたので、これからもその力になれるような事業を行っていきたいですね。
    Q6.フリーセルを検討されている方へのメッセージをお願いします。
    フリーセルは「可能性を引き出してくれる会社」だと思います。自分のポテンシャルを活かして結果を出せば、きちんと評価が返ってくる。それがまたモチベーションになる。ポジティブな循環で自分を高めていける場所じゃないでしょうか。女性が働きやすい環境作りにも積極的なので、「やってやるぞ!」という熱意のある女性はぜひフリーセルで名乗りを上げてください!

    閉じる

  • 「やると決めたことをやるかやらないか」結果がついてくれば人生も変わる。

    株式会社 才代表取締役岡田大輔

    岡田大輔

    2005年 5月
    株式会社フリーセル 入社
    2007年 4月
    Webアカウントコンサル営業部 部長就任
    2013年11月
    株式会社フリーセル 退社
    2013年11月
    株式会社 才 設立、現在に至る

    インタビュー内容を詳しく見る

    Q1.現在のお仕事を教えてください。
    株式会社 才は、Web活用支援を中心に、Webからの営業、リアルでの営業を両面からサポートしています。ただ、ECショップの運営であったり、自動車の買取販売であったり、「楽しく働く」をコンセプトにいろいろなことに取り組んでいます。
    Q2.フリーセルに入社した理由は何ですか?
    実はめちゃくちゃ人見知りで、知らない人と電話をするのも苦手。親や友人に「お前は絶対営業マンになれない」と言われていたんです。以前は個人事業主で自動車関連の事業を営んでいたのですが、営業の実力は必要だろうと思ったので飛び込んでみたんです。
    Q3.フリーセル在籍時のお仕事を教えてください。
    Webサイトを売るバリバリの営業マンでした。超人見知りなので最初は死ぬほどつらかったですね(笑) 「このままじゃ続けられない、でも逃げたくない」と思って、ドラマや漫画で見る“デキる営業マン”を無理矢理演じるようにしたんです。スーツ着て一歩外出たら別人格ですよ。どうやったら人に受け入れてもらえるのか、「こいつ他と違うな」って思ってもらえるか考えて。そしたら意外とできちゃったんです(笑)
    途中からは管理職として部下を持つようになりました。マネジメントというやつを勉強してみたけれど、結果わかったのは「マネジメントはしようとしてやるものじゃない」ということ。どうすればみんなが楽しく働けるかを考えて、実践するだけなんだとわかりました。自分も部下も、いかに自由に楽しく働けるかだけを考えていましたね。
    Q4.フリーセルでどのような力がつきましたか?
    一言で言えば「営業力」。祖父が警察関係、父親がボクサーと礼儀には厳しい家だったので、それをベースに「相手に喜んでもらうには?」をひたすら考えて実践してきました。商談の機会をいただいたら、相手の興味をどんどん聞いて、フリーセルという会社、岡田大輔という人間を自然な流れで売り込み、改善提案をさせていただく。自分なりに工夫して自由にやらせてもらえたのが確実に実力になっていると思います。
    あとは部門長として3年後のビジョンを作ったり、チームの採算を考えたりしていたので経営数字に強くなりましたね。税理士にも「ここまできっちり計画立てて進めている人はいない」と驚かれました。
    Q5.今後のビジョンは?
    いい意味でありません。社是である「社長の悩みのいちばん側(そば)に」を体現できればいいと考えています。型にはまりたくないので、考えているのは「みんなでワイワイやれる家族みたいな会社にしたい」ということ。目標としているのは、所ジョージさんの「世田谷ベース」なんですよ(笑) 遊びとビジネスがごっちゃになっているけど、つらくないしのびのびと働ける環境。あそこに入社できないなら自分で作るしかないですよね。
    Q6.フリーセルを検討されている方へのメッセージをお願いします。
    営業は、「勉強ができるかできないか」ではなく「やると決めたことをやるかやらないか」で決まります。熱意を持って決めたことをやりきれたら、結果がついてくるし人生も変わる。そうやって自分に負けずにいたから今の自分があると思っています。フリーセルで形のないWebというものを正しく売って、お客様に「ありがとう」とおっしゃっていただけたら、何でも売れるようになりますよ。あと、自分ができているくらいなので経営者にもなれると思います(笑)

    閉じる

フリーセルの仕事